Benefitterとは

利用シーン

~USE CASE~

01  社内問合せ自動化

benefitter_chatbot_usecase社内から情報システム部、総務部、人事部などへのよくある質問に関するお問い合わせをチャットボットで自動化し、問い合わせ先部署の業務効率化に貢献します。

02   コールセンター自動化

benefitter_chatbot_usecase

製品に関するお問い合わせなどを、チャットボット で対応します。メールや電話でのお問い合わせが減り、コールセンターのコスト削減に貢献します。

03   社内業務自動化

benefitter_chatbot_usecaseBenefitterと社内のITシステムを接続し、社内申請、パスワード初期化、スケジュール登録などの定型業務を自動化するだけではなく、個別にアラートやリマインドなどのプッシュ通知もできます。

04   マーケティング支援

benefitter_chatbot_usecaseBenefitterは、コンシューマーに向けたマーケティング活動にも優れたパフォーマンスを発揮します。予約サービス、コンテンツの配信、画像解析APIを利用したブランド品査定など、様々な場面で活躍します。

Benefitterとは?

~WHAT'S  Benefitter~

約9,000社のお客様と取引実績をもつCTCが作りました

まったく新しいボットエンジン”Benefitter”(ベネフィッター)

高度なAIボットが短期間で作れるクラウドサービスです。

Benefitterが選ばれる理由

業務に合わせられる。

たとえ同じ業務であったとしても、実際には会社ごとにやり方や進め方はまったく違います。Benefitterなら、自社の業務に合せたAIボットがノンプログラミングで開発できます。

選べる、つながる。

Benefitterは、目的に応じて複数のAIやITシステムなどを選び接続することができます。

拡大できる。

AIボットを追加するたびに、もう別々の製品を検討する必要はありません。Benefitterひとつで、さまざまなAIボットを作り動かすことができます。

安心のサポート。

CTCが独自に開発したBenefitterは、自社製品ならではのサポートをご提供します。これからAIを検討するお客様にも、経験豊富な専任コンサルタントが強力にバックアップします。

Benefitterの特長

~FEATURES OF THE Benefitter~

01 圧倒的に賢い"会話シナリオ"

人との会話の中にある言葉の判断はもちろん、さらにはメッセージのタイプや形式、正規表現、データベースの状態をも判断して思い通りの対話を実現します。

features_of_the_benefitter

02 アイディアを具現化できる"外部サービス連携"

いくつもの外部サービスを連携させて、面倒な仕事をAIボットにお任せしましょう。連携の設定は外部サービスのURL、メソッド、データ形式、ヘッダー、データなどを登録するだけのシンプル操作です。

features_of_the_benefitter

03 人に優しい"1bot=複数スキル"

たとえば単純な質問をボットに投げかけるシーン。よくあるチャットボットサービスでは、質問回答のカテゴリーごとに別々の画面になってしまうこともあります。複数のスキルを持つことのできるBenefitterなら、それぞれの専用画面を開くことなく、仕事の依頼から問い合わせまで、同じ一つの画面で会話ができます。

features_of_the_benefitter

04 革新的な"拡張機能"

”HRサーベイオプション”

Benefitterを活用した、従業員のスキルや経験を特定する人事系の拡張機能です。

社内で特定の知見やスキルを持った従業員を探す際に、HRサーベイに問いかけると該当者を回答します。

 

”HRサーベイ”で実現できること

1.社内人財探しの時間短縮

benefitter_option_hr_survey

  • 社内情報から個人のスキルをボットが類推するため、 該当者がすぐに見つかる 
  • 自律的に社員調査の実行ができ、常に最新の情報を確認できる

2.人財管理の負担軽減

benefitter_option_hr_survey

  • 古くなりがちな 人財データを自動更新することが可能 
  • スキルの “見える化 ”で人財に関わる活動成果を最大化

3.鮮度の高い情報収集

benefitter_option_hr_survey

  • AI と連携したボットが 自律的に社員の情報収集やアンケートを実施 
  • 人事情報だけでなく社内文書やメール、チャットの非構造化データからも情報を収集

”HRサーベイ”の機能

  • ユーザーがキーワードで人財の問合せ(例:○○に詳しい人)をすることで、問合せに対して、合致する社員を回答することができます。
  • 社内情報やアンケートの結果を類推データにフィードバック(学習)して回答精度を改善します。
  • 業務システムやデータベースに接続して、情報の更新や連携、通知のトリガに利用できます。
benefitter_option_hr_survey

お知らせ・ニュース

~NEWS~

【+メッセージ】でチャットボットを開発できます

「+メッセージ※」を使いこなす (2020年7月8日先行機能ご提供予定)   +メッセージに対応した主な機能 1.「+メッセージ」の各種メッセージタイプを利用した会話 テキスト、画像、リスト、カルーセルの各メッ…

CTCとKDDI、「+メッセージ」の法人向け活用ソリューションの提供で協業

直感的な操作でチャットボットを短期間に開発可能な 「+メッセージ」を活用した法人向けソリューションを提供 ~無料トライアルキャンペーンを7月8日から開始~ 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表…

benefitter_plus_message_campaign_img

「+メッセ―ジ対応ボット機能先行利用キャンペーン」について

「KDDI Message Cast」でボット体験 Benefitterで「+メッセージ」を使ったチャットボットを開発できるようになります。 「KDDI Message Cast」をご利用される法人のお客様は一部の機能を…

campaign_benefitter_for_tocaro_img

テレワーク応援キャンぺーン開始

☆Tocaroユーザー様限定☆2020年9月末までの期間限定無料キャンペーン実施中! ①“いつものTocaroで” AIチャットボット専用の画面をわざわざ開く必要はありません。皆さんが毎日使っているコミュニケーションツー…

hr_released

“HRサーベイ”提供開始

2019年4月から自社で試験運用を行い、この度正式にリリースすることになりました。 HRサーベイは、AIを活用してイントラネット内の文書やメールなどの非構造化データから類推し、従業員のスキルや経験を特定するソリューション…

Benefitter拡張機能【HRサーベイ】リリースのお知らせ

2019年7月より【Benefitter HRサーベイオプション】をリリースいたします。   【Benefitter「HRサーベイ」とは】 CUI開発運用ソリューションのBenefitterを活用して、社員やス…

ai_expo_img

「第3回 AI・人工知能EXPO」に出展いたしました

2019年4月3日から4月5日までの3日間、東京ビッグサイト(青海展示棟)で開催された「第3回 AI・人工知能 EXPO (AI EXPO TOKYO 2019)」に、会話型UIボットプラットフォームのBenefitte…