1. HOME
  2. 活用事例
  3. 社内業務パーソナルアシスタント

活用事例 
社内業務パーソナルアシスタント

社内業務でのお悩みをBenefitter(ベネフィッター)が解決します。

こんなお悩みありませんか?

  • 打合せ調整をする際に、会議室・参加者のスケジュール空き確認および調整に時間がかかる
  • 総務・人事・法務・経理その他の他組織に渡る回答・解決に時間がかかる。(質問側)
    業務が忙しいのに同じような問い合わせ対応で残業が増える。(回答側)
  • 社内システムを使いこなすための十分な時間がとれない。困った時にセルフ解決したいがFAQが無いもしくは見つからない
  • 過去の提案書や申請書など各種ドキュメントを探す時間かかる
  • Excelを使った属人的な作業を、誰でも簡単に処理できるように自動化したい

そのお悩み、Benefitterが解決します。

「Benefitter」のボットを活用

マイクロソフト社のTeamsを窓口として「Benefitter」のボットを活用することで、AI接続による問合せ対応はもちろん、office365や社内のアプリケーションシステムとも接続して決裁や申請書の事務処理支援や、会議室予約など社内業務を最適化することが可能です。

Benefitterで出来ること

  • 社内で活用されている様々なチャットツールやWebブラウザをインターフェイスにしたチャットボットが開発できます。【マルチチャネル】
  • Office365やGoogle Workspaceのようなグループウェアと連携したボットが会議調整をサポートします。【ID連携】
  • 社内システムやインターネットの各種情報サービス(APIサービス)と連携して業務に必要な情報収集を自動化します。【iPaaS】
  • 各種問合せへ自動回答するボットを各業務担当者が開発できます。【GUI】【辞書機能】【モード管理】【QAアップロード】【画像管理機能】
  • UiPathのようなRPAツールと連携して各種の業務処理を簡単な日本語で実行させることができます。【外部サービス連携】
  • 一つのチャットボットで様々な情報照会や業務処理を実行できるので、必要なサービスを探し回る必要がありません。【ワンボットマルチスキル】

Benefitter活用のメリット

  • メリット1

    簡単な日本語の対話形式で自動処理や情報収集を実行できるため、システムの使い方に習熟する時間が短縮できます。

  • メリット2

    従業員の付帯業務のアシストや情報照会を一つのチャットボットで支援できるため、「どこに何があるか」を探し回る時間を削減できます。

  • メリット3

    属人的な業務をボット化することで業務経験がオープンになり、業務の引継ぎやチームでの業務実施が効率化されます。

  • メリット4

    ボットの会話シナリオは業務担当者でも簡単に作成できるため、現場主導でのDX推進が促進されます。

COLUMN

コラム

Benefitter(ベネフィッター)のコラムでは、Benefitter(ベネフィッター)についてやチャットボットに関するさまざまなこと、社内の業務改善など、役立つ情報を発信しています。

チャットボットでDX。チャットボットを活用した業務改善。

経済産業省が「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」を発表してDXの必然性を訴えたのが2018年9月のこと。それから3年近くが経ち、日本全体にDXの気運が高まってきています。 すでにDXに取り組んでいるところも多い中、どこから着手して良いか悩んでいるという企業様もいらっしゃるでしょう。実はチャットボットを使って自社の業務改善が...

チャットボット

信頼性の高いSMS(+メッセージ)と チャットボットでDXレベルアップ

BtoE/BtoB/BtoC全ての用途で電話やメールに代わる通信手段 電話やメールでは限られた担当者で満足のいくユーザ対応ができない。このような悩みを解決する手段として、携帯電話番号だけあれば通知可能な「SMS」やよりリッチなコンテンツを送信できる「+メッセージ(プラスメッセージ)」が着目されています。 信頼性が高いだけでなく開封率も高いSMSや+メッセージに、対話形式でユーザサポートが可能なチャ...

チャットボット

業務最適化に柔軟なマルチチャネルで対応できるエンタープライズ・ボット・プラットフォーム(AIRDO株式会社)

株式会社AIRDO企画部ITグループ様 ・導入背景:社内システムのユーザーサポートの効率化 ・採用理由:導入済みビジネスチャットを含むシステム連携の汎用性の高さ AIRDO様は、札幌本社や東京オフィスを始めとする複数のワークスペースの従業員が社内システムを十全に活用できるように、ユーザーサポートの利便性向上や効率化の一環として、チャットボットを導入されました。 ユーザー動向や企業システムインフラ変...

導入事例

チャットボットのマーケティング活用、7つの利用シーン

皆さんは、チャットボットがマーケティング活動に役立つことをご存じですか?チャットボットを、SNSチャットの自社アカウントや自社Webサイトに設置することにより、マーケティングや営業活動の効率化に役立てることができます。 下記の図1はチャットボット・ソリューション「Benefitter」をチャットボット・プラットフォームとした場合に、顧客の状態とライフタイムバリュー(LTV)および社内業務とユースケ...

チャットボット

業界別チャットボットの活用事例3選

チャットボットは、マーケティングからカスタマーサポートまで獲得活用の幅が広く、アイデア次第でさまざまな効果が期待できます。 ただ、何もないところからアイデアを出して企画を練るのはなかなか難しいものです。自社の業種・業態と近しい活用事例を知ることで、発想もしやすくなります。 今回は、チャットボットの活用事例を業界別にご紹介いたします。 目次 小売店舗でのチャットボットの活用事例 医療現場でのチャット...

チャットボット

チャットボットの導入方法と注意点を分かりやすく解説!

ユーザーの疑問等に、自動で応答することができる「チャットボット」を、カスタマーサポートやホームページに導入する企業が増えています。ですが、せっかく導入したにもかかわらず、思ったより使われていないということはありませんか? そこで、今回は、使われるチャットボットにするための、導入時に事前に検討すべきもの、選定方法についてお伝えしていきます。 目次 チャットボットの導入にあたって事前に準備・検討するも...

チャットボット

チャットボットとは?~導入するメリット、事例などをわかりやすく解説~

チャットボットとは、文字情報や音声で人間と対話することを目的として作られたプログラムのことです。チャットボット内でユーザーが知りたい情報を提供することで、ユーザーの疑問や問題を解決することができます。また、日時を問わず、いつでも利用できる点で利便性が高いコミュニケーション手段です。 近年、「チャットボット」という言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか?カスタマーサポートやリード(見込客)の獲得...

チャットボット

人の心に寄り添うチャットボットの可能性とは?~メンタルケアにおいて活躍するチャットボット3選~

目次 チャットボットにメンタルケアをしてもらう利点 メンタルケアにおいて活躍するチャットボット3選 まとめ チャットボットと聞くと、 ECサイトでおすすめアイテムを紹介してくれるチャットボット 質問に回答してくれるチャットボット 予約受付を対応してくれるチャットボット といった使われ方が一般的ですが、チャットボットの使われ方は実はそれだけではありません。 今回は、チャットボットならではの特徴を活か...

チャットボット

お問い合わせ

Benefitter(ベネフィッター)についてご不明な点や資料請求など、お気軽にお問い合わせください。