1. HOME
  2. Benefitterとは

Benefitterとは

高度なAIチャットボットが短期間で作成することができるクラウドサービスです。

Benefitterで出来るDXソリューション

様々なシステム・WEBサービスと繋がりAIボットで業務フローを改善

Benefitterがパーソナルアシスタントとして業務フローを改革することでDXの推進が期待できます。

BenefitterパーソナルアシスタントはFAQ・会議調整・社内申請・ヘルプデスク・人探し・RPA・営業業務支援・マーケティング業務支援をチャットボットに窓口をひとまとめ! 画面の切り替えも不要!

豊富な機能とソリューションで自社の業務に最適なDXを推進

“Benefitter”ひとつで、さまざまなAIチャットボットを作り、稼働させることができます。

チャットボット導入で望める4つの効果

パスワード初期化対応

社内ヘルプデスクに来た入電に対して自動化処理可能業務の場合
チャットボットへ誘導し、自己解決に導きます。

本人確認イメージ
コールフローの動線改善

お問い合わせで電話を使用するユーザーに対して
チャットボットやウェブサイトのFAQに導きます。

コールフローの動線改善イメージ
ヘルプ対応時のワークフロー自動化

ボットによるヘルプ対応の一時切り分けから
エスカレーションまでのワークフロー自動化を実現。エスカレーション先の
自動選出により、問い合わせ集中時の時間削減に繋がります

ボット→エスカレ先候補・インシデント管理ツール イメージ
顧客ファーストタッチの自動応答化

顧客ファーストタッチをボットが自動応答することで
顧客フロントの負担軽減が望め、自動応答が難しい場合のみ
顧客フロントへ切り替わるため顧客応対時間の削減にも繋がります。

自動応答化イメージ

1ボットマルチスキル!圧倒的な汎用性・カスタマイズ性

「Benefitter」はGUIでプログラミング並みののチャットボットを作ることができる汎用型のチャットボット開発プラットフォームです。

パッケージ型

パッケージ型

  • コスト
  • 自由度

定期利用でバージョンアップなどの
機能強化がある

  • イニシャルコスト

  • ランニングコスト

    定額料金のみ

  • 機能強化

    バージョンアップ
    ※定額料金内

自社開発型

自社開発型

  • コスト
  • 自由度

実装機能の自由度は高いが
費用がかかる

  • イニシャルコスト

  • ランニングコスト

    エンジニア人件費
    開発外注費

  • 機能強化

    随時 個別開発

  • コスト
  • 自由度

定期利用で且つ自由度が高い

  • イニシャルコスト

  • ランニングコスト

    定額料金のみ

  • 機能強化

    強力なシナリオ設定で対応可

CTCグループとしての世界各国の最先端IT企業とのアライアンスを活かした技術力と
ソリューションでDXを強力推進

Benefitterは、大手企業を中心に業務システムの導入を支援する伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)が独自に開発した自社製品。チャットボットを起点として業務フロー全体をつなぐBenefitterは、企業のDXの課題を熟知し、さまざまな業務システムに精通するCTCが自信を持ってお届けする企業のDXに最適なソリューションです。
企業のDX支援の分野で蓄積してきたCTCのノウハウと、自社製品ならではのスピーディな対応でお客様の課題解決を強力にバックアップします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)自社製品Benefitterでセキュリティー・Iot・ストレージ・BI/DWH・AR/VR・ ERP・仮想化・ビックデータ・CRM・AIを支援

さらに詳しく知りたい方へ

コラム

Benefitter(ベネフィッター)のコラムでは、Benefitter(ベネフィッター)についてやチャットボットに関するさまざまなこと、社内の業務改善など、役立つ情報を発信しています。

社内ヘルプデスクとは?ーチャットボットで業務の効率化

社内ヘルプデスクとは、企業内で、従業員からの業務に関する質問・相談に対応するために設けられた専用の窓口のことです。この記事では、社内ヘルプデスクが抱える課題と、課題を解決するチャットボットの活用法、採用するメリットをご紹介します。 目次 社内ヘルプデスクとは 社内ヘルプデスクが抱える課題 社内ヘルプデスクを効率化させるチャットボット 社内ヘルプデスクにチャットボットを活用するメリット まとめ 1、...

チャットボット

リモートワークにチャットボットをおすすめする理由 ―選び方と注意点―

米国から始まったといわれるリモートワーク。日本でも、働き方改革や東京オリンピックを機に政府や東京都がリモートワークを推進していましたが、皮肉にも新型コロナウイルス感染拡大がリモートワーク浸透を後押しするかたちとなりました。 経費削減や従業員満足度の向上など、メリットの多いテレワークですが、サイバーセキュリティのリスクや従業員同士のコミュニケーション不足など、デメリットも浮き彫りになりました。 今回...

チャットボット

社内FAQにチャットボットを導入するメリットとポイント

多くの企業には管理部門、人事部門、総務部門、情報システム部門といった、いわゆる間接部門があり、これらの部門には日々、従業員から多くの問い合わせが寄せられています。 手続きの方法やフォーマットについての問い合わせや、制度に関する質問、イレギュラーな事例が起きた際の相談などなど。 なかには、マニュアルや社内ポータルを参照すれば解決するような簡単な問い合わせもありますし、同じような質問に何度も回答しなけ...

チャットボット

チャットボットの比較のポイントとおすすめのサービス紹介

日本のチャットボット元年は2017年だといわれています。 それから4年が経過し、2021年8月現在では、日本で利用できるチャットボットサービスは100を超えるまでになりました。 用途や導入目的、予算に合わせて最適なチャットボットを選べる環境は喜ばしいものですが、一方で、どれを選べば良いのかわからないという悩みも生じます。 そこで本コラムでは、チャットボットを比較する際のポイントと、「AI型(一問一...

チャットボット

チャットボットで業務効率化! 期待できる効果と注意点

少子高齢化による人口減により、働き手の数も減少していくことが予想されています。 政府が「働き方改革」を提唱し、産業界に限らず、官公庁でも教育界でも業務効率化や生産性向上が叫ばれています。 Webサイト上での接客など、マーケティングやセールスで効果を出せるイメージが強いチャットボットですが、実は、業務効率化を実現できるツールでもあります。 本コラムでは、チャットボットに期待できる業務効率化の効果と、...

チャットボット

AI型チャットボットの基本とメリット・デメリット

チャットボットには、大きく分けると「AI型(一問一答型)」と「シナリオ型(ルールベース型)」の2種類があります。 AI型チャットボットには、質問者の言葉使いの揺れにも対応でき、利用されるほど質問内容を学習して回答精度を向上できるなどのメリットがあります。 本コラムでは、AI型チャットボットとシナリオ型チャットボットの違いや、AI型チャットボットのメリット・デメリットについてご紹介します。 【関連記...

チャットボット

チャットボットでDX。チャットボットを活用した業務改善。

経済産業省が「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」を発表してDXの必然性を訴えたのが2018年9月のこと。それから3年近くが経ち、日本全体にDXの気運が高まってきています。 すでにDXに取り組んでいるところも多い中、どこから着手して良いか悩んでいるという企業様もいらっしゃるでしょう。実はチャットボットを使って自社の業務改善が...

チャットボット

信頼性の高いSMS(+メッセージ)と チャットボットでDXレベルアップ

BtoE/BtoB/BtoC全ての用途で電話やメールに代わる通信手段 電話やメールでは限られた担当者で満足のいくユーザ対応ができない。このような悩みを解決する手段として、携帯電話番号だけあれば通知可能な「SMS」やよりリッチなコンテンツを送信できる「+メッセージ(プラスメッセージ)」が着目されています。 信頼性が高いだけでなく開封率も高いSMSや+メッセージに、対話形式でユーザサポートが可能なチャ...

チャットボット

お問い合わせ

Benefitter(ベネフィッター)についてご不明な点や資料請求など、お気軽にお問い合わせください。