1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【+メッセージ】でチャットボットを開発できます

【+メッセージ】でチャットボットを開発できます

「+メッセージ」を使いこなす

(2020年7月8日先行機能ご提供予定)

+メッセージに対応した主な機能

1.「+メッセージ」の各種メッセージタイプを利用した会話

  • テキスト、画像、リスト、カルーセルの各メッセージタイプに対応。
  • 予定表や位置情報など他のメッセージタイプにも順次対応予定。
  • お客様が独自に+メッセージ通信機能を開発検証する必要がありません。

2.ブラウザチャットモード搭載

  • 「+メッセージ」アプリ内でブラウザチャットモードに切り替えて会話を継続できます。
  • ブラウザチャットモード時には「+メッセージ」の通信料がかかりません(2020年6月10日時点)。通信料の見積りがしにくいインタラクティブなコンテンツでも「+メッセージ」をご活用いただけます。

3.セキュリティに配慮した管理画面

  • Benefitterの管理画面では携帯電話番号のような重要情報はマスクして表示します。
  • AzureADと連携することにより、社内認証と連携することも可能です。(2020年下期ご提供予定)。

4.他のチャットツールと会話シナリオやユーザー情報を共有

  • 「+メッセージ」用に開発したボット(会話シナリオ)は、LINE、Slack、Microsoft Teams、tocaroのような他のチャットツールでも動作します。
  • ユーザー情報もマルチチャットツールで連携可能です。
  • これにより、「集客にはLINE」「セキュアな応答には+メッセージ」「取引先とはSlack」のような用途に応じたチャットツールの使い分けも簡単になります。

「+メッセージ」対応に合わせて、KDDI Message Castと連携した期間限定無償提供キャンペーンも実施しています。

詳しくは下記をご参照ください。

「+メッセージ」について

「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)に準拠したメッセージサービスで、携帯3社が提供するスマートフォン、タブレットを利用するお客さま向けに携帯電話番号だけで長文メッセージや写真、動画などの送受信が可能なサービスとして、2018年5月に提供開始されました。1500万ユーザー(2020年2月)を超え、利用者と企業が安心してメッセージの交換ができる公式アカウントに対応するなど機能が拡充されています。

さらに詳しく知りたい方へ

コラム

Benefitter(ベネフィッター)のコラムでは、Benefitter(ベネフィッター)についてやチャットボットに関するさまざまなこと、社内の業務改善など、役立つ情報を発信しています。

チャットボットのマーケティング活用、7つの利用シーン

皆さんは、チャットボットがマーケティング活動に役立つことをご存じですか?チャットボットを、SNSチャットの自社アカウントや自社Webサイトに設置することにより、マーケティングや営業活動の効率化に役立てることができます。 下記の図1はチャットボット・ソリューション「Benefitter」をチャットボット・プラットフォームとした場合に、顧客の状態とライフタイムバリュー(LTV)および社内業務とユースケ...

チャットボット

業界別チャットボットの活用事例3選

チャットボットは、マーケティングからカスタマーサポートまで獲得活用の幅が広く、アイデア次第でさまざまな効果が期待できます。 ただ、何もないところからアイデアを出して企画を練るのはなかなか難しいものです。自社の業種・業態と近しい活用事例を知ることで、発想もしやすくなります。 今回は、チャットボットの活用事例を業界別にご紹介いたします。 目次 小売店舗でのチャットボットの活用事例 医療現場でのチャット...

チャットボット

チャットボットの導入方法と注意点を分かりやすく解説!

ユーザーの疑問等に、自動で応答することができる「チャットボット」を、カスタマーサポートやホームページに導入する企業が増えています。ですが、せっかく導入したにもかかわらず、思ったより使われていないということはありませんか? そこで、今回は、使われるチャットボットにするための、導入時に事前に検討すべきもの、選定方法についてお伝えしていきます。 目次 チャットボットの導入にあたって事前に準備・検討するも...

チャットボット

チャットボットとは?~導入するメリット、事例などを分かりやすく解説~

近年、「チャットボット」という言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか?カスタマーサポートやリード(見込客)の獲得、社内ヘルプデスクまで、さまざまな活用が可能です。自社において具体的なチャットボットの活用方法がイメージしづらいという方も多いと思います。そこで本記事では、チャットボットとは何か、種類や導入するメリット、活用事例などを分かりやすく解説していきます。 目次 チャットボットとは チャット...

チャットボット

人の心に寄り添うチャットボットの可能性とは?~メンタルケアにおいて活躍するチャットボット3選~

目次 チャットボットにメンタルケアをしてもらう利点 メンタルケアにおいて活躍するチャットボット3選 まとめ チャットボットと聞くと、 ECサイトでおすすめアイテムを紹介してくれるチャットボット 質問に回答してくれるチャットボット 予約受付を対応してくれるチャットボット といった使われ方が一般的ですが、チャットボットの使われ方は実はそれだけではありません。 今回は、チャットボットならではの特徴を活か...

チャットボット

チャットアンケートでユーザの心を知る!

目次 チャットボットの導入検討で忘れてはいけない大切なこととは? 運用の改善ヒントは利用者にあり? 表チャット形式のアンケートでユーザの心を知る! 1、チャットボットの導入検討で忘れてはいけない大切なこととは? ここ数年でAIやロボットを使った業務効率化のサービスが増えてきました。その中でも注目されているソリューションの1つにチャットボットソリューションがあります。 チャットボットソリューションは...

チャットボット

「使える」チャットボットを作るためにはどうすれば良いか?

目次 チャットボットの期待と現実 チャットボットは本当に使えないのか!? 使えるチャットボットにするために 1、チャットボットの期待と現実 ”チャットボット元年”と言われ注目された2016年、チャットボットは、およそ15年前に起こったウェブからモバイルアプリへの移行よりも大きなパラダイムシフトが起きると期待されていました。実際、その年にFacebook上だけでも10万以上のチャットボットが構築され...

チャットボット

チャットボットが組織に与える副次的な導入効果

目次 チャットボットが組織に与える副次的な導入効果 業務経験・知識の属人化を避ける チャットボット導入時に意識したいこと 1、チャットボットが組織に与える副次的な導入効果 社内問合せの自動応答にチャットボットを活用する場合、導入効果として回答担当者の負荷軽減や棄呼率(応答率)の改善などの定量的に計測しやすい指標を用います。また、ユーザーや回答担当者の本業での機会損失防止などのリスク回避も導入効果と...

チャットボット

お問い合わせ

Benefitter(ベネフィッター)についてご不明な点や資料請求など、お気軽にお問い合わせください。