1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【+メッセージ】でチャットボットを開発できます

【+メッセージ】でチャットボットを開発できます

「+メッセージ」を使いこなす

(2020年7月8日先行機能ご提供予定)

+メッセージに対応した主な機能

1.「+メッセージ」の各種メッセージタイプを利用した会話

  • テキスト、画像、リスト、カルーセルの各メッセージタイプに対応。
  • 予定表や位置情報など他のメッセージタイプにも順次対応予定。
  • お客様が独自に+メッセージ通信機能を開発検証する必要がありません。

2.ブラウザチャットモード搭載

  • 「+メッセージ」アプリ内でブラウザチャットモードに切り替えて会話を継続できます。
  • ブラウザチャットモード時には「+メッセージ」の通信料がかかりません(2020年6月10日時点)。通信料の見積りがしにくいインタラクティブなコンテンツでも「+メッセージ」をご活用いただけます。

3.セキュリティに配慮した管理画面

  • Benefitterの管理画面では携帯電話番号のような重要情報はマスクして表示します。
  • AzureADと連携することにより、社内認証と連携することも可能です。(2020年下期ご提供予定)。

4.他のチャットツールと会話シナリオやユーザー情報を共有

  • 「+メッセージ」用に開発したボット(会話シナリオ)は、LINE、Slack、Microsoft Teams、tocaroのような他のチャットツールでも動作します。
  • ユーザー情報もマルチチャットツールで連携可能です。
  • これにより、「集客にはLINE」「セキュアな応答には+メッセージ」「取引先とはSlack」のような用途に応じたチャットツールの使い分けも簡単になります。

「+メッセージ」対応に合わせて、KDDI Message Castと連携した期間限定無償提供キャンペーンも実施しています。

詳しくは下記をご参照ください。

「+メッセージ」について

「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)に準拠したメッセージサービスで、携帯3社が提供するスマートフォン、タブレットを利用するお客さま向けに携帯電話番号だけで長文メッセージや写真、動画などの送受信が可能なサービスとして、2018年5月に提供開始されました。1500万ユーザー(2020年2月)を超え、利用者と企業が安心してメッセージの交換ができる公式アカウントに対応するなど機能が拡充されています。

さらに詳しく知りたい方へ

コラム

Benefitter(ベネフィッター)のコラムでは、Benefitter(ベネフィッター)についてやチャットボットに関するさまざまなこと、社内の業務改善など、役立つ情報を発信しています。

チャットボット導入事例を活用領域ごとにご紹介

日常生活でも業務においても私たちの身近な存在になりつつある「チャットボット」。うまく活用することで、バックオフィス業務を効率化したり、顧客に対して気楽なコミュニケーション手段を提供したりすることが可能です。 ただ、まだチャットボットを導入されていない企業様にとっては、自社での活用イメージが沸きづらいかもしれません。 そこで、本コラムでは、チャットボットのメリット・デメリットなどとともに、活用領域ご...

チャットボット

チャットボット導入までにかかる費用内訳を詳しくご紹介

チャットボットは、導入・活用することで業務効率化や顧客満足度の向上、見込み客の創出などを可能にする、メリットの多いコミュニケーション手段です。うまく活用すれば、費用対効果の高い便利なツールですが、選択するサービスによって、導入や運用にかかるコストは変わってきます。 チャットボットに興味はあるけれど、いまいち本格検討に踏み切れないという企業様の中には、この費用の不明瞭さがネックになっているところもあ...

チャットボット

チャットボットが社内問い合わせにおすすめな理由と得られる効果

社内情報システムサービスや、総務・人事・法務・経理のようなバックオフィスの業務には、社内からさまざまな問い合わせが集中するものです。気がつけば社員の質問の応対で一日の大半を費やしてしまい、本来の仕事は残業でこなす、という状況になってしまうこともあるのではないでしょうか。 専門職種でないとわからない相談事ならまだしも、社内のWebページをちょっと調べればわかるような簡単な質問の対応に、電話やメールで...

チャットボット

チャットボットをWebサイトに導入すべき理由 ―メリットと気をつけるポイント―

日々、多くの人が情報を求めてSNSやWebサイトを訪れます。欲しい情報を得るためには、検索窓に関連するキーワードを入力して調べるのが一般的ですが、よくある質問と回答がまとめられた「よくある質問(FAQ)」が整備されているWebサイトも少なくありません。また、チャットボットを設けているWebサイトもよく見かけるようになりました。 このうち、ユーザーの疑問を解決する手段としては、何が最も適しているので...

チャットボット

チャットボットの作成方法 ―ツールを使った作り方とおすすめのチャットボットツールをご紹介

社外向けにはマーケティングや接客に、社内向けには業務効率化などにと、幅広い活用方法を持つチャットボット。 チャットボットを導入するには、すでにチャットボットサービスとして提供されているものを利用するか、1からプログラムを組んで開発するという2通りに分かれます。 本コラムでは、チャットボットを作成する方法やポイントについてご紹介いたします。 【関連記事】 「使える」チャットボットを作るためにはどうす...

チャットボット

チャットボットを問合せ一次窓口とする社内ユーザーサポートDX

社内サービスデスク担当・情報システム担当者へのヒント チャットボットを一次窓口にしたセルフ解決促進と有人エスカレーション インシデントに応じた問合せ導線のコントロール チャットボット導入後も成果が出ない要因 チャットボットブームも定着期へと移行しつつあり「チャットボットを導入して社内サポート窓口業務4割削減」というような成果記事を目にする機会も多くなりました。しかしながら、実際にはツールとしてのチ...

導入事例

社内ヘルプデスクとは?業務の効率化のカギはチャットボット!?

社内ヘルプデスクとは、企業内で、従業員からの業務に関する質問・相談に対応するために設けられた専用の窓口のことです。この記事では、社内ヘルプデスクが抱える課題と、課題を解決するチャットボットの活用法、採用するメリットをご紹介します。 【関連記事】 社内FAQにチャットボットを導入するメリットとポイント 目次 社内ヘルプデスクとは 社内ヘルプデスクが抱える課題 社内ヘルプデスクを効率化させるチャットボ...

チャットボット

リモートワークにチャットボットをおすすめする理由 ―選び方と注意点―

米国から始まったといわれるリモートワーク。日本でも、働き方改革や東京オリンピックを機に政府や東京都がリモートワークを推進していましたが、皮肉にも新型コロナウイルス感染拡大がリモートワーク浸透を後押しするかたちとなりました。 経費削減や従業員満足度の向上など、メリットの多いテレワークですが、サイバーセキュリティのリスクや従業員同士のコミュニケーション不足など、デメリットも浮き彫りになりました。 今回...

チャットボット

お問い合わせ

Benefitter(ベネフィッター)についてご不明な点や資料請求など、お気軽にお問い合わせください。