1. HOME
  2. お知らせ
  3. 音声AI自動応答システム「Terry」との連携ソリューション提供開始

音声AI自動応答システム「Terry」との連携ソリューション提供開始

AIチャットボット開発プラットフォームBenefitterは、音声から価値の提供を目指す、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:石村 和彦、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司
http://www.hmcom.co.jp 、以下 Hmcomm)が提供する音声AI自動応答システム「Terry」との連携ソリューションを提供開始したことを発表致します。

TerryとBenefitterが連携したユーザーシーンの例図

TerryとBenefitterが連携したユーザーシーンの例図

現在COVID-19の感染拡大に伴い、国内では急速にテレワーク化が推進されております。テレワーク化に伴い、従来有人で対応していた企業の電話受付が難しくなるという課題が表面化して参りました。

そこで、Benefitterは、本課題に対応可能な音声AI自動応答システム「Terry」と連携することで、音声認識チャットボットを短期間で導入可能なソリューションを提供開始することになりました。本連携ソリューションでは、従来導入に多大なコストと時間がかかっていた音声認識チャットボットを、手軽に短期間で導入することが可能になります。

TerryとBenefitterは極めて相性が良く、この二つのソリューションの組み合わせは、テレワークやオンラインショッピングが日常となり、また慢性的な人手不足への対応が必要なニューノーマルにおける様々なビジネスシーンに貢献させていただけるものだと考えています。
詳細についてはこちらをご覧ください。

【Hmcomm株式会社について】

  • 会社名 : Hmcomm株式会社
  • URL  : http://www.hmcom.co.jp
  • 設立日 : 2012年7月24日
  • 所在地 : 本社     東京都港区芝大門2-11-1 富士ビル2階
    熊本AIラボ 熊本県熊本市中央区水道町7-16 富士水道町ビル2階
  • 事業内容: 産総研発のベンチャー企業として、産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技術の研究/開発、 ソリューション/サービスの提供を行っております。
    音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」を理念としています。

さらに詳しく知りたい方へ

コラム

Benefitter(ベネフィッター)のコラムでは、Benefitter(ベネフィッター)についてやチャットボットに関するさまざまなこと、社内の業務改善など、役立つ情報を発信しています。

チャットボットのマーケティング活用、7つの利用シーン

皆さんは、チャットボットがマーケティング活動に役立つことをご存じですか?チャットボットを、SNSチャットの自社アカウントや自社Webサイトに設置することにより、マーケティングや営業活動の効率化に役立てることができます。 下記の図1はチャットボット・ソリューション「Benefitter」をチャットボット・プラットフォームとした場合に、顧客の状態とライフタイムバリュー(LTV)および社内業務とユースケ...

チャットボット

業界別チャットボットの活用事例3選

チャットボットは、マーケティングからカスタマーサポートまで獲得活用の幅が広く、アイデア次第でさまざまな効果が期待できます。 ただ、何もないところからアイデアを出して企画を練るのはなかなか難しいものです。自社の業種・業態と近しい活用事例を知ることで、発想もしやすくなります。 今回は、チャットボットの活用事例を業界別にご紹介いたします。 目次 小売店舗でのチャットボットの活用事例 医療現場でのチャット...

チャットボット

チャットボットの導入方法と注意点を分かりやすく解説!

ユーザーの疑問等に、自動で応答することができる「チャットボット」を、カスタマーサポートやホームページに導入する企業が増えています。ですが、せっかく導入したにもかかわらず、思ったより使われていないということはありませんか? そこで、今回は、使われるチャットボットにするための、導入時に事前に検討すべきもの、選定方法についてお伝えしていきます。 目次 チャットボットの導入にあたって事前に準備・検討するも...

チャットボット

チャットボットとは?~導入するメリット、事例などを分かりやすく解説~

近年、「チャットボット」という言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか?カスタマーサポートやリード(見込客)の獲得、社内ヘルプデスクまで、さまざまな活用が可能です。自社において具体的なチャットボットの活用方法がイメージしづらいという方も多いと思います。そこで本記事では、チャットボットとは何か、種類や導入するメリット、活用事例などを分かりやすく解説していきます。 目次 チャットボットとは チャット...

チャットボット

人の心に寄り添うチャットボットの可能性とは?~メンタルケアにおいて活躍するチャットボット3選~

目次 チャットボットにメンタルケアをしてもらう利点 メンタルケアにおいて活躍するチャットボット3選 まとめ チャットボットと聞くと、 ECサイトでおすすめアイテムを紹介してくれるチャットボット 質問に回答してくれるチャットボット 予約受付を対応してくれるチャットボット といった使われ方が一般的ですが、チャットボットの使われ方は実はそれだけではありません。 今回は、チャットボットならではの特徴を活か...

チャットボット

チャットアンケートでユーザの心を知る!

目次 チャットボットの導入検討で忘れてはいけない大切なこととは? 運用の改善ヒントは利用者にあり? 表チャット形式のアンケートでユーザの心を知る! 1、チャットボットの導入検討で忘れてはいけない大切なこととは? ここ数年でAIやロボットを使った業務効率化のサービスが増えてきました。その中でも注目されているソリューションの1つにチャットボットソリューションがあります。 チャットボットソリューションは...

チャットボット

「使える」チャットボットを作るためにはどうすれば良いか?

目次 チャットボットの期待と現実 チャットボットは本当に使えないのか!? 使えるチャットボットにするために 1、チャットボットの期待と現実 ”チャットボット元年”と言われ注目された2016年、チャットボットは、およそ15年前に起こったウェブからモバイルアプリへの移行よりも大きなパラダイムシフトが起きると期待されていました。実際、その年にFacebook上だけでも10万以上のチャットボットが構築され...

チャットボット

チャットボットが組織に与える副次的な導入効果

目次 チャットボットが組織に与える副次的な導入効果 業務経験・知識の属人化を避ける チャットボット導入時に意識したいこと 1、チャットボットが組織に与える副次的な導入効果 社内問合せの自動応答にチャットボットを活用する場合、導入効果として回答担当者の負荷軽減や棄呼率(応答率)の改善などの定量的に計測しやすい指標を用います。また、ユーザーや回答担当者の本業での機会損失防止などのリスク回避も導入効果と...

チャットボット

お問い合わせ

Benefitter(ベネフィッター)についてご不明な点や資料請求など、お気軽にお問い合わせください。