CTCとKDDI、「+メッセージ」の法人向け活用ソリューションの提供で協業

直感的な操作でチャットボットを短期間に開発可能な
「+メッセージ」を活用した法人向けソリューションを提供
~無料トライアルキャンペーンを7月8日から開始

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲、以下 CTC)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、CTCのメッセージングアプリ向けチャットボット開発プラットフォーム「Benefitter(ベネフィッター)」と、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ(プラスメッセージ)」のKDDIの法人向け配信サービス「KDDI Message Cast」を連携し、直感的な操作でチャットボットを短期間に開発可能なソリューション(以下 本ソリューション)を2020年10月以降に提供します。

また、「+メッセージ対応ボット機能先行利用キャンペーン」として、本ソリューションの一部機能を先行実装した「Benefitter」を、2020年7月8日から2020年12月31日まで無償で提供します。

 

【関連情報】

「+メッセ―ジ対応ボット機能先行利用キャンペーン」について 

【+メッセージ】でチャットボットを開発できます